ぼくの誕生日・・・

「ねー誕生日って誰が決めるの?」・・A君(小学3年生・・中国帰国3世の父親と中国人の母親)の突然の質問

 

「赤ちゃんが生まれたよ~て聞いたことがあるでしょ、その生まれた日を誕生日って言うのよ・・どうして急にそんなこと聞くの?」→「じゃ・・僕の誕生日はいつなの?」・・私は一瞬戸惑った・・

 

そうか・・A君が2歳・兄のT君が5歳の時両親が離婚、中国人の母親は中国に帰国してしまった。
日本生まれで日本国籍を持つ兄弟だが、中国帰国2世の祖父母と3世の父親に育てられ言語環境も生活環境も日本とはいえない環境で育ってきた。

 

兄弟が日本語教室に来るようになったのは一年前・・・

母親代わりに気丈に育てていた中国人の祖母が病気で亡くなり、学校からの諸連絡が滞ったり生活環境の不備が問題になり、学校から相談を受けたことがきっかけだった。


日本国籍を持つ二人は日本語支援の対象児童には入らない。

家庭環境も言語環境も知られることなく、K君は言葉の支援クラスに通い、兄(小学5年)はやる気のない自暴自棄な子として受け止められていた。

 

兄弟の場合、言葉の学級へ通って改善できるものではない、基礎日本語そのものが欠落している。
そして・・生活環境そのものも日本社会から乖離されて育ってきた子供である・・それらを認識した上で支援しなければ適切な対応などできない(面倒?)

 

そのために日本語指導者がいる・・基礎日本語が欠落し学習言語が理解できない子供(バカだから理解できないのではない)の支援をするのが日本語指導者の仕事・・・日本語指導が必要な子と障害児の違いが判らない場合があるが・・ほとんどの子供は基礎日本語の指導を徹底することで、高校進学を果たす。

 

 

兄弟が日本語教室に来るようになり一年が過ぎた・・・

学校にも支援に入れるようになったが、取り出し指導は担任に拒まれている。
頭が悪いわけではないので、きちんと授業を聞いていたら理解できるはず・・取り出すことで授業に遅れるのは困る(先生が困る・?)

正直、取り出すことでカバーできることは多々あるが、子供の居場所をなくすわけにはいかない(学校に嫌われない配慮も日本語指導者の仕事)

 

学校へ入る一番のメリットは、授業内容と子供の学習状況が把握できること。日本語教室に来た時、重点的にその部分をカバーできるからである。

 

一年がたち・・ようやく・・兄弟は勉強することに前向きになってきた。
きちんと宿題もやるようになった・・持病の喘息で時々病院に行かなければならないが、日本語教室には必ず参加する・・

彼曰く「家まで迎えに行くのと、弁当が食べられるからじゃないのか~」(苦笑)

 

そんなA君からの突然の質問・・「誕生日って誰が決めるの?」
誕生日のお祝いをしたことがない?

誕生日は父親がレストラン(ガスト)へ連れて行くとのこと・・誕生日=美味しいものを食べる日?(そうか・・毎日が誕生日だったら嬉しいね~)

「ケーキにローソクを立てて消すんだよ・」とT君(小学3年生フィリピン)、A君は「僕そんなことしないよ~・・ローソクって何?」

 

聞いていて思った・・この際、誕生日を教室でやっちゃおう!!

11月6日はK君の誕生日

11月7日はT君の誕生日

2人とも、9歳になる。

 

昨日の日本語教室の後半は、二人の誕生会

ボランティアの高校生が修学旅行のお土産を持ってきてくれ、T君のお母さん(フィリピン)がお菓子と飲み物を差し入れてくれました。

 

教室の電気を消しケーキのろうそくに火をつけ、二人の誕生を祝ってみんなで「Happy Birthday to You」を歌いました。

K君は、生まれて初めての出来事?!に興奮気味(苦笑)

 

こうやってみんなと一緒に勉強できるのは、貴方達が元気で生まれてきたからだよ・・ここにいるお兄さんたちにも姉さんたちにも、みんな誕生日があるの

 

生まれてきてよかったね」と、お祝いするために誕生日があるの・・わかった?→「ウン」

 

異文化の親を持つ子供は・・いつも・何かを我慢している

親の苦労を目の当たりにしている子供は・・いつも・・しかたないと諦めている。

子供の支援とは・・何なのだろう

 どんな小さなことにでも、耳を傾けてくれる・・

そんな大人がたくさん居たら、死を選ぶ子供はもっと減る気がするが・・

 

とりあえず・・騒がしい誕生会は終了(苦笑)

 

大きな声で歌ってくれた高校生(修学旅行のお土産ありがとう)とボランティアの皆さん、協力してくれた受講生たち・・

どの人にも感謝です・・生まれてきてくれてありがとう!!

0 コメント

インターンシップ(高校生からの手紙)

定住外国人受け入れに関して、自治体関係機関や支援者のための講演会や養成講座を幾度も行ってきました(文化庁委託事業も含め)

 

しかし継続してわかったのは、どんな講演や日本語支援の学びも担当者が移動すれば元の木阿弥・・・・学びの引継ぎはなされない・・という現実でした。

地方の町では、外国人支援を弱者救済と捉えたら行政を巻き込むことはできません

外国人集住地域と違い、過疎化・少子化する地方の町は介護や一人暮らし、貧困・自殺など弱者救済事業がてんこ盛り・・行政には、これ以上弱者救済を受け入れるキャパはない(苦笑)・・現実があります

 

国際交流協会も大学もない地方の町で、住民に多文化共生を理解してもらうことは簡単ではありませんでした。

しかし、「国際理解も人間理解」という視点で、地域の文化資産であるリソースパースンとの関係構築を図りながら、多様な巻き込み活動の実践と蓄積を行ってきた結果、日本語教室は地域住民に必要な場所として認められるようになりました・

 

 

日本語教室で高校生のインターンシップを引き受けるようになり7~8年になります

当初、引率教師は、大学生でも留学生でもない人が学ぶ日本語教室なのだからそんなに難しいことを教えていない・・と思っていたようでした。

 

能代教室の目的の一つとして、「日本語能力試験N3以上合格」があります。日本社会の甘くない現実・・自立し子供を産み育てるためには、N3レベルの日本語能力が必用です。

 

引率教師は日本語教授法の実際を見て驚くと同時に、受講生たちの真摯に学ぶ姿に感動します(プロの教師だからこそ見抜いてくれます)

 

今年のインターンシップの高校生(S君)からお礼状が届きました。

能代教室の目指すところを見抜いていました・・読んで見て下さい

===================

抜粋・・

 先日のインターンシップでは、ご多忙中にもかかわらず貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

 今回のインターンシップでは、日本語の教え方や外国の方との接し方、また正しく優しい日本語について知ることができました。

 先生方は、私たちが普段会話使っている日本語というよりは、丁寧で優しく使い回しの効く日本語を教えていらっしゃいました。実用性も大切なのだと気づきました。

 人にものを教えたり、言葉が違う人とコミュニケーションをとることは、将来自分がどのような仕事についても大事な経験になると思います。そしてやはり、誰かのために役に立っているということに大きなやりがいを感じました。

このインターンシップで学んだことや感じたことをじぶんの進路につなげて行きたいと思います。

 インターンシップ期間は終わってしまいましたが、引き続きお邪魔させていただき、活動を続けたいと考えています。

 今後ともご指導のほど宜しくお願いいたします。

 

        N高校2年生  F・S より

=======================

 

彼は、今も日本語教室のお手伝いに来ています。

「言語の学びに、実用性も大切なのだと気づきました」と書いてくれました。

彼の言葉は、日本の英語教育にも言えることです。

 

留学生でも大学生でもない、生きるために言葉を学ぶ人たちだからこそ、言語教育の本質を伝えられるのだと思いました。

 

これだから・・・若者を育てるのはやめられないんですよね~

F君の生徒はKさん(フィリピンのお嫁さん)・・簡単な英語しか通じないので教授法が必要・・教授法の威力?!に驚いています。

0 コメント

盆踊りへの思い

教室では年間を通して様々な活動をしています(花見から始まり、バス旅行、キャンプ、お茶会etc・・)
その活動で一番大きなイベントが盆踊りです。

 

最初、盆踊りの目的は、教室の受講生たちに日本の文化を楽しんでもらうためのものでした。
しかし、盆踊りを踊る受講生たちを見て気が付きました。
 勉強するときには見せなかった笑顔や、町の人たちと楽しそうに踊る様子を見て、学んだ言葉を実際に使える場面を用意し、言葉を使って人と繋がる体験をさせることが必要だと感じました。

 

地方の町の定住外国人受け入れは、外国人集住地域と同じようにはいきません・・ 都会の論理は地方の町には通じないことをイヤというほど知らされました(苦笑)

 

地方の町で国際化を推進するためには、定住外国人も一人の人間であることを理解してもらう必要があります・・島国日本たる所以?

 

土着で暮らす日本人は、国際理解や異文化理解にアレルギーな人が多いのが現実です。

20年前は町のあちこちで盆踊りが行われていましたが、東南アジアのお嫁さんを受け入れる雰囲気は皆無でした・・外国人の嫁に盆踊りを躍らせるなんて非国民(笑い話のような話が、まかり通った時代がありました)

何処も受け入れてくれないなら、自分たちでやるしかない・・と、協力を申し出てくれた数少ない人たち(50名)から始めた盆踊りです。

 

盆踊りのためのお金などありません・・とりあえず踊れさえすればいいと考えました。

ボランティアに御主人が大工の棟梁の人が居て、協力を申し出てくれ、小型トラックにかき集めた提灯をつるし、やぐらモドキを作ってくれました。

音響も、大きなカセットデッキにマイクを固定・・風が強いと音楽が聞き取れなかったり・・・

大工仕事の照明をかき集めて持ってきてくれ、薄暗い中での盆踊りでした。。

 

地位も名誉もお金もないボランティが無謀なことを・・と、たぶん笑われていたと思います。

 

でも・・受講生たちは大喜びでした。

踊りが大好きな異文化の人たち・・受け入れてもらえないお嫁さんたち・・

見ている方が嬉しくなるほど楽しそうに踊る受講生たちを見て、かき集めの盆踊りでも、この盆踊りをずっと続けようと決心しました。

 

踊る人達が毎年増えるのに、あまりにもお粗末な様子を見ていられない人たちが出てきました。

照明をもっと増やしたほうがいいいと、野球の試合の簡易夜間照明を貸してくれた人、子供たちに花火でもと大量に花火を差し入れてくれた人、音響設備を貸してくれた人 、焼きそばでも作って食べさそうかと焼きそば作りを引き受けてくれた彼・・焼きそば用の大きな鉄板を作ってくれた人・・

 

実績がなければ助成金さえもらえない時代・・・外国人の嫁に日本語を教えてどんなメリットがあるのかとも言われました。

 

しかし、継続することで見えてきました。

盆踊りを一緒に踊ってくれた人たちは、確実に日本語教室の応援団になってくれるのです。

特に高齢者と女性が、日本語教室の受講生たちに声をかけてくれるようになりました。

「みんな頑張ってるね」「日本語が上手になったね」「応援してるからね」「能代で頑張って生きている人たちだもの応援しますよ」

盆踊りの時しか会えないお年寄りもいます・・でも、みんな楽しみにしてくれ

ます。

 

ボランティアや町の人たちに支えられた盆踊りでしたが、成長した子供たちが手伝うようになってきました・・頼もしい助っ人たちです。

 

20年経ち、能代市内でおこなわれる盆踊りは、日本語教室が主催する盆踊りだけになってしまいました・・盆踊りを実施する団体も、協力する若者もいなくなってしまったからだそうです。

様々なイベントがあちこちで開催されていますが、盆踊りに目を向ける人たちはいません。

 

正直、助成金を頂かないと継続開催はできません・・踊る場所が広くなり、照明や音響も簡単なものでとはいかなくなりました。そして、日本語教室の人たちより町の人たちの参加が多く、屋台等の仕入れもかかります。

 

正直、今年で盆踊りをやめることも考えましたが・・

今年の盆踊りに来てくれた70歳ぐらいの方に「去年ここで盆踊りをやらなかったでしょ、もうやめたのかと思っていたら音楽が流れてきたので走ってきたの・・能代では貴方たちしか盆踊りをするところがなくて、この盆踊りを毎年楽しみにしていたの・・来年もここで盆踊りをするんでしょ?」

「ハイ、やるつもりではいます。昨年はこの公園が工事で使えなくて、ちょっと離れた子供館の前でやったんですよ」

「遠いと行けないから、この公園だとありがたい。音楽が遠くまで聞こえてきて、盆踊りやってるみたいだから行ってくればと主人に言われて走ってきたの・・来年も楽しみにしているからやってくださいね」

 

日本語教室の盆踊りは私たちのための盆踊りではなく、町の人たちの盆踊りになっていたんだと・・改めて気づかされました。

ボランティア仲間も・「来年もやりましょう、みんなで頑張って盆踊りを継続しましょう」と言います。

 

ちょっぴり・・シンドイけど・・

来年は頑張って助成金をもらうようにしなくっちゃ・・

 野菜などを提供してくれるを探そうかなー・・

などと・・休む暇がない(苦笑)

 

教室で育った子供たちが手伝ってくれるようになった・・そのことだけでも、良しとしなくては・・子供は大きくなるのが速いですね・・

0 コメント

教師との連携

日本語教室では、子供たちのための学習支援教室を夏休みと冬休みにおこない8年以上になる。

 

宿題がすべて完成しているのは、本人が優秀だから?

完成できてない子は、やる気のない子?

工作や絵日記を提出しないのは、やる気がないと同じこと?

 

低学年の子供が、自己責任で宿題を完成するなど聞いたことがない。

大人の手を借り知恵を借りなければできないほど、現実には宿題が多い。

(親に尻を叩かれ、宿題を完成させる子供たちを見てきた)

 

その手を貸すことができない親を持つ子供に、親の責任論を押し付ける教師や大人が増えている。

国際化推進や外国人受け入れ推進に、こういう子供たちを支援する施策は入っていない・・・日本語ができない障害者?として対応・・

 

 

今年も夏休みに入ってすぐ学習支援教室を開催したが、偶然にも全市の教員研修講演で公民館にやってきた担任たちとバッタリ!!

N小学校、Y小学校、I中学校・etc・・夏休み教室に来ている子供たちの学校の教師がたくさん・・

「貴方たち、こんなところで何してるの?」と、子供たちが公民館に居ることを不審に思った教師たち。(悪さでもしていると思ったかも・・)

 

運悪く(苦笑)ではなく、運良くどの子も宿題をたくさん抱え必死で勉強している最中でした。

A君の担任は、本当に勉強しているのかと、テキストを検査・・「見ていいよ、ボク一生懸命勉強しているから・・」とA君。

 

ボランティアの高校生やおばさんたちが、一人一人に付いて音読をさせたり、テキストに丸を付けたりしています。

 

「こうやって夏休みの宿題をしているんですか・・」→「そうです、どの子も親に手伝ってもらえない子供たちばかりです。でも、学校の宿題をしなくてはならないことは自覚しています。決してやる気がない子供たちではありません・・だから、こういう教室が必要なのです」

 

教師が言いました

「こういう現場を初めて見ました。日本語支援は日本語を教えるだけのものだと思っていましたから教科には関係ないと思っていました

テキストの問題文に意味が分からない言葉があるなど想像もしていませんでした。

日本で暮らしていれば外国人でも日本語を覚えていくはずだと思っていました。お知らせが読めなかったり、答えを見て丸付けをすることができない親が居るとは、思ってもいませんでした。」

 

教師との連携・・・多くの日本語指導者が唱えるが、現場教師が現実を知らなければ連携などできません。

現場教師に理解してもらわなければ、本当の意味で子供たちを救うことはできないからです。

学校と自治体を巻き込む支援活動にしていかないと、ボランティア活動が未発達な地域の子供たちは、行き場がなくなってしまいます。

 

A君の担任は夏休み中、担任の都合のいい日に宿題を見てくれると約束してくれました。「みんなが応援してくれてるのだから先生も手伝う。頑張ろうね・・」と先生が言ってくれたと、A君は嬉しそうに報告してくれました。

 

教師との連携は、難しいです。

国際化=英語教育と考える頭の固い教師(苦笑)に理解してもらうのは大変な作業です。

しかし、教育者としての使命感は誰よりも持っています。

 

そことどうかかわるのか・・・日本語指導者は、やりがいのある仕事です。

 

A君、ヨカッタね・・・学校の勉強、頑張るんだよ

こうやって、少しずつ私たちも学校に伝えていくからね・・・

2 コメント

のし紙・のし袋

8月6日(土)は、O町日本語教室の習字学習の日でした。

 

教室では読み書きを重視しているので、漢字にも書き順があることや音読み訓読みがあることも指導しています。

地域日本語教室には漢字指導など必要ないと言う人もいます。

しかし、大人になってからの学びは完成を目標とするのではなく知識として学ぶことに意味があると思っています

 

意味の分からない漢字を写して書かせるより、辞書の使い方を教えたほうが、より実践的で喜びに繋がります。

ベトナムやフィリピン・韓国・ロシアなど、漢字圏ではない人に指導する場合にも効果があります。

漢字を覚えるのには限度があります。しかし、日本で子供を産み育てるうえでも辞書が引けるようになるのは、生きる力の一助になります。

 

今は何でもスマホや電子辞書の時代・・日本人でも辞書の引き方を知らない子供が多くなりました。

物事は、なんでも「もと」になることから、きちんと覚えないとダメです

学習会では、教育同人社「楽しく学ぼう漢字の辞典」を推奨しています。

 

 

そして・・O町日本語教室の習字教室

指導は、定年退職教員で生涯学習指導員のM先生です。

生活者として生きる外国人は、のし紙・のし袋は見たことがありますが、慶弔の違いや意味は理解できません。

異文化の嫁は、お金に関することには関わらせてもらえないからです。

 

しかし、能代教室のように20年経つと見えてきます。

財布を握っていた祖母も祖父も亡くなり、ご主人も病気になったりと、主婦としての務めを果たさなければならない現実に直面していきます。

 

日本社会では、家庭でも職場でも、のし袋は最もシンボリックな、お付き合いの主役であり、日本の風土と歴史の中で、暮らしの精神文化として培われてきた約束ごとです、(それだけに手軽に扱うのは禁物です)。

 

丁寧に「のし袋」の違いを説明をして下さる先生・・地域によってしきたりは違います。

人事の交流、マスコミの影響から、慣習の地域差はなくなる傾向にはありますが、地方ではまだまだ根強く残っています。地域日本語教室だからこそ、教えるべきことがたくさんあります。

 

習字を学んだからといって、今何かできるわけではありません。

しかし、日本語教室で学んでいるからこそ理解できることや、学びの喜びを見いだしてあげることはできます。

 

初めて筆を使った人がほとんど・・先生は各自の名前を見本に書いてきてくれました。

自分の名前を、その上から何度もなぞって書いていました。

最後に、短冊に自分の願いと名前を書きました。

「家で練習します」と、みんな張り切っていました。

 

「いやー・・みんな日本語が上手だし礼儀正しいし、まじめに勉強するので、みんなが外国人だということを忘れてしまいました。噂には聞いていましたが、こういう教室があるんですね・・素晴らしいです・・」

指導して下さったM先生の言葉です。

 

学んだことばを生きる力に・・難しそうに思えますが、受講生一人一人が生活者として私たちと一緒に生きる人たちなんだと理解してもらえたら、いろんな人が協力してくれます。

 

今回も、O町公民館担当者や指導の先生の優しさが活動に繋がりました。

心からお礼申し上げます。

 

日本語教室って・・本当はとても楽しい場所なんですけどね・・

 

 

0 コメント