子どもの支援とは    

 外国人労働者100万人時代、見落とされる「言語難民」の子どもたち


 外国にルーツを持つ子どもたちに日本語教育を施す事業を続けている東京・福生市の「YSCグローバル・スクール」を紹介している記事がありましたので読んで欲しいと思いました。
 

https://promotion.yahoo.co.jp/news/social_contribution/1704112/?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-topics

 

「 適切な日本語教育を受けさせる支援体制は、地域格差が大きい。
学校内で何らかの支援を受けている場合でも、担当者が子どもの日本語教育に関する知識を全く持っていなかったり、ごく限られた時間数しか支援を受けられない場合が少なくない。
子どもたちが自分を知り、相手に表現できるほどの言語を身につけるためには、教育支援が不可欠、言語を失うことは居場所を失うことに他ならない」
 この記事を書いた「田中宝紀さん」の言葉は、真実を突いていると言えます。

 
学校の日本語支援員募集欄には「日本語指導ができる人」とは書かれてありません
実際に日本語指導ができる人が支援員として配置されている学校がどのくらいあるのか・・・
学校現場は教育のプロの集まりです(良くも悪くも・・)
そこに日本語指導のノウハウのない支援員が入っても、教師と対等に話し合いができるわけがありません。

 

異文化をルーツに持つ人たちにとって言葉を学ぶことが日本社会で生きる上でどれだけ重要か、特に子供の場合、人権に関わる問題だと考える人がどれくらいいるでしょう。 
 

 

20年以上前、中国残留帰国家族の中に3名の就学児童がいました
日本語が全然わからない女の子達を前に教育委員会も学校も困惑、「のしろ日本語学習会」に相談が来ました。
日本語教授法で子供の眼を見ながらの支援でしたが、確実に伝わっていく手応えを感じたことを忘れません。

 

 中国残留帰国というだけで侮蔑や差別の言葉を浴びせる教師もいましたが、日本語が理解でき授業についていけるようになると態度を急変させるのも教師?!
日本語指導の充実は、結果的に高校合格に繋がり教育委員会や学校の信頼を得られることになっていきます。

 

今のようにクラウドファンディングなど、考えもつかない時代でした。
しかし「お金がないから子どもは救えない」と、切り捨ててしまえない現実がありました。日本語が話せず誰からも救いの手を差し伸べてもらえない子供が目の前に居るのです。

 

 外国人散在地域の子供達の実情を知る人はどのくらいいるでしょう。
地域日本語教室に来ることができないお嫁さん達はたくさんいます。
日本語なんて生活していくうちに覚える・・そんな考え方の町に産まれる子供、その子供達の心に思いを馳せる大人が居ないのは仕方がないことなのかもしれません。
しかし、だからといって子どもの支援を全てボランティアに任せようとするのは間違っている・・・

 

生活者として暮らす外国人は、地域住民として支援するべきだと各市町村に全て移行してしまったことで、日本語の支援が受けられず頭の悪い子で片づけられてしまう子供達が出ている現実があります。


お金がないのなら、グランドファイナンスに頼ればと言う人もいます。
しかし、子供の教育は本質的には国や自治体の仕事のはず、お金がないからとグランドファイナンスや、ボランティアだけに頼るのは自治体の恥?ではないかと思うのですが・・・そう思うのは私だけでしょうか

 

過疎化・少子化を嘆く前に、今いる子供達をきちんと育てる仕組みを作るべきです。

 

どこの地域にも「YSCグローバル・スクール」のような支援体制が作れるわけではありませんオンライン学習システムの導入も学校の理解がないとできないのが実情です。


 クラウドファンディングはとてもありがたいシステムです。それによって助かる人たちはたくさんいる思いますが、それが地域住民や自治体を巻き込むことに繋がって行くかというと疑問です。
逆に行政や学校から丸投げされてしまう・・「学校では対応できないので専門的なところで学んで下さい」と、突き放される子供が出てきそうです。

 

都会の外国人散在地域と、過疎化・少子化する地方の街の散在地域では状況も環境もまるっきり違います。

 地方は地方だからこその支援体制を考えるべきです

 

町づくりの一環として異文化の子どもの支援を考える。
 地域住民を動かし行政や教育委員会を動かす・・先行投資としての子どもの支援・・そんな施策を考える必要があります。
 
 国語教育と日本語教育の違いを学校教師と論議する、
 日本語指導の成果を確実に出して行く
 行政に国際社会とは何かを理解させる
 地域住民を巻き込むために何が必要か考える

 

 地方の街の日本語指導者は、勉強することがたくさん(苦笑)

 

「日本語指導者ってそこまで勉強しなくてはいけないの?」と聞かれるのですが、地域日本語教室は何のために必要なのか、日本語指導者は何を教えるべきなのか・・言語教育の本質を見据えた指導が、これからの地方の町には必要な気がします。
 
どんなに困難でも、学校から子供を遠ざける日本語指導はするまいと決め、子どもの支援をしてきました。
学校から乖離した日本語指導は、日本人住民との関わりが上手くできず、コミュニケーション下手な人間になるからです・・。

 

人に寄り添う活動は、継続しなければ見えない事がたくさんあります
やさしいつもりが大きな間違いであったことに気づく・・そんな失敗を何度も繰り返してきました。

 

日本語指導者が寄り添う時間は、一生のうちのホンの短い時間です。
日本で生きると決めた彼らは、これからもたくさんの困難に遭うでしょう。
負けないで生きて欲しい・・だからこそ、学校からも社会からも逃げずに立ち向かう人になって欲しい・・そう願います。

 

日本語支援者にも、指導者も、行政を変え、学校を変え、地域を変えていく気概が必要です。
  腹をくくるって・・・そういうことなんですよね・・

0 コメント

日本語教室で育つ人たち

 能代は大学がないので長期留学生はいないが、短期で米国の高校生を受け入れているS高校があり、その学校で国際理解講座(地域の国際化)をしたり、留学生に日本語教室に入ってもらい、受講生と一緒に日本語指導をすることもある。

 

「日本語教室の受講生(生活者)と留学生が一緒に学ぶなどできない」と言う人がいるが、これが意外に面白い・・・
文化が違おうと言葉が違おうと嫁に来るような外国人と蔑もうと、大人が子供を思う気持ちに変わりはない、まして、日本語を学びたいと来日した子供達なのだから歓迎しないわけがない。
 
留学生との交流は、外国語(英語)が話せる人や日本独自の文化を伝えられる人がおこなうもの・・・それ以外考えられない自治体や国際交流協会がまだまだ多いが、定住外国人が日本語や日本の文化に戸惑いながらも生活者として暮らすようになっている昨今、その定住外国人を利用?!しない手はない(苦笑)

 

それを実現するために必要なのが・・識字指導・・

 

日本語教室に様々な考え方があるだろうが、能代は徹底して識字指導をしている。
日本語能力試験N3レベルを目指す教室なので、読み書きができないのはビギナーだけ(2ヶ月もすればひらがなの読み書きはできるようになる)
お嫁さん達は働くようになっても勉強に来る。
日本語教室で学んでいることを堂々と話すようにとアドバイスしているので、職場も家族も積極的に協力してくれる(日本語の読み書きができる外国人は職場でも優遇される・・・田舎であればあるほど・・苦笑)

 

受講生達は、日本に住み日本語を学ぶ先輩として自覚を持って、留学生達と接してくれる

 

日本語支援を弱者救済活動だと思う人には考えられないかもしれないが、生活しながら日本語を学ぶ人たちは腹をくくっている。

だからこそ、コミュニカティブ日本語より生きる力になる日本語を学びたい・・・

 

日本語教室が自治体や地域住民に評価されない要因の一つに、教室での成果が上げられる。
日本語の学びで自立した人、日本語の学びで学校の成績があがった人、日本語の学びで免許を取得した人、日本語の学びでどんな交流ができるようになったかなど、・講演会やワークショップを繰り返すだけでは自治体からの評価は得られない。実質的な成果を見せて行かなければならないのが地域日本語教室の現実・・「優しいおばさん奮戦記」では相手にしてもらえない(苦笑)

 

25年も継続してくると、見えなかったものが見えるようになる
定住外国人は決して弱者ではない。
根性もあり、頭だって悪くない
異国で生きると決めた人たちは、腹がすわっている。

 

教室で勉強したいと訪ねて来た時点で、「おっ!根性のある外国人発見!」と思えるようになった自分が居る・(苦笑)

これからも変わらずに継続していけたら・・地域再生の鍵になるかも・・ね!

 

 

教室の受講生たちの様子を・・2名

  1・・・中国からのお嫁さん・・Fさん
  「いよいよ4月9日全日本きもの装いコンテスト世界大会が近くなりました。 外国人として出られることになりました😉
 楽しみだけど、緊張もしています🙈。大会に出ることが目的ですが、日本の文化として今後も忘れずに自分で着られるようにしたいです」

 

 2国立大学に合格した・・Y君
  「支える人になり恩返しをしたい。中国で生まれ日本で育ったことは自分の長所だと気づいた。人口が減少する日本では、女性の社会進出だけでなく

  外国からの移住者も貴重な人材。そう言った人たちを助ける仕事をしたい。大学の4年間でどんなことができるか学びたい 」

 

 

大学生でも留学生でもないのだから、日本人の心を伝えるなど無理・意味がない・・そういう人たちがまだまだいる(もしかしたら増えていくのかもしれないと危惧する)

 

しかし、私は確信する。
 本当の日本の良さを伝えてくれるのは、日本語教室で日本語を学び、偏見や差別のない日本人に囲まれて育った異文化をルーツに持つ子供達や、自立するお嫁さん達であろうと・・

 

みんなーガンバレ!!

 

 

0 コメント

子供の心

 「怎么了?被老师责骂」・・廊下の隅っこに下を向いて座っているO君(小学2年・中国)に中国語で話しかけた。
驚いたように顔を上げ「どうして中国語がわかるの?」と日本語で聞いてくる。
「私は中国語がわかるから中国語で話してイイよ」と言うと、「ボクは中国人だけどあんまり難しい中国語はわからない、日本語もよくわかんない時があるけど・・いつも先生に怒られる・ボクは中国人だから・・ボクが悪いって怒られるんだ・」

 

O君は学校で問題児・・授業中きちんと座っていない、人の話を聞こうとしない、乱暴ですぐに手を上げる等々・・

 

 O君は両親が中国人なのに、どうして日本語支援者をつけなかったのかと聞くと、両親は日本に留学したこともあり能代で会社を経営している。日本語がぺらぺらの両親で、O君が新入学児童で入ったとき「子供は日本語がわかるし公文で勉強も教えて貰っているので、日本語の支援は必要ない」と言われたとのこと。


しかし、学校での団体行動ができず先生の話も聴こうとしない。友達ともすぐケンカになり、叩くなど乱暴な行為が多い。

両親に相談すると、もっと厳しく指導し勉強も子供が理解できるように話して欲しいと言うだけ・・

家では厳しく躾ているが、時々家出のような行動をとる。

もしかしたら脳に障害があるのではないかと・・両親も学校も心配している・・・とのこと。
 


教頭の許可を貰い、一時間ほどO君と話した。

 

「 ボクは日本で生まれたけど、すぐ中国のお祖母ちゃん(父方の祖母)に預けられたんだ。(両親は、生まれたばかりのO君を育てる余裕はなかったのだろう)
5歳の時日本に戻って、お父さんとお母さんと一緒に暮らすようになったんだ。

日本語は友達や両親から覚えたけど、中国語はだんだん忘れてしまう・・でも、5歳までしか中国にいなかったから、難しい中国語はわからない、日本語もワカンナイところがあるんだ・・ボクのこと中国人と言うけど、ボクは中国語も日本語もわからない・・バカなんだよ」

 ↓

「簡単にバカという言葉を使わないでほしいな~ 日本語はきちんと勉強すれば分かるようになるから、もし覚えたいなら私が教えても良いけど・・勉強する気がある?」→「ウン、ボク覚えたい」→「そう・学校に相談してみるね、その代わり先生の話をきちんと聴くこと、友達を叩いたりしないこと・・守れる?」→「いつもボクが悪いって言われるから叩いてしまう・・叩かれると痛いのはボク・・わかるんだけど・」→「O君も叩かれたことあるの?」→「ボクのお父さんは怒ると恐いんだ・・叩かれるとアザができるもの・・」→「それじゃ叩かれたら痛いのはO君が1番知ってるのね、だったら叩かない人になろうよ・・君ならそれができるはずだよ・・」

 ↓

「ボクのことやさしいって・・お祖母ちゃんは言ってたんだけどなー」→「お祖母ちゃんって、中国で育ててくれたお祖母ちゃん?そうか・・お祖母ちゃんに会いたいでしょう」

「ウン・・先生と話すと中国のお祖母ちゃんと話しているみたい・・」→ 「お祖母ちゃんに会いたくないの?」→「会いたいよ・・でもナイショだけど・・お母さんはお祖母ちゃんのこと好きじゃないんだ。ボクが学校で怒られると、お父さんとお母さんがケンカする・・お祖母ちゃんの躾が悪いからボクがバカなんだって・・」

「そうか・・だったら君が頑張って勉強したら、お祖母ちゃんも褒めてもらえるんじゃない・・頑張ろう!頑張るしかないね」

 

心の中にしまい込んで、誰にも言えず我慢していた男の子=問題児(苦笑)

 

「日本語は私が教える・・厳しいけど大丈夫かな?君の質問に全て答えてあげるから頑張って日本語を覚えようね・・中国語は両親に教えて貰えばいい・・」→「ウン・・頑張る・・約束する」

 

 

担任と教頭にO君と話したことを伝え、O君の日本語の基礎力を調べることにした。

文字の基礎が入っていない。
 書くとき、長音・促音の文字が抜ける
 拗音文字の発音ができず、特定の音が他の音になってしまう
 滑舌が悪い等々・・指導しなくてはならないことがたくさん・・

 

 

両親の日本語の曖昧さが、子供の言語に影響を与えていると思った。

 

幼児期を中国で過ごした子供は中国語が母語になるはずだが、5歳で日本へ連れ戻され両親と暮らすようになったO君は、両親の話す未熟な日本語と完璧な中国語の狭間で正確な日本語を知らないまま、日本の小学校に入ったことになる。

 

O君が中国で暮らしたのは5年・・お祖母ちゃんの話す優しい中国語の中で育ってきた・・中国語の基礎文型を学んできたわけではない。

 

 計算も九九もできるが、文章問題は意味がわからず読むことを・・諦めている。
担任の話は、複文になると理解できない。
国語の教科書の長文は、意味がわからず読む気にもならない(苦笑)

全て、日本語が分からないことが要因・

 

 

全国に、どれだけ問題児と呼ばれる子供がいるのだろう・・

そして、そう言われる子供を救える日本語指導者が・どれ程いるのか・・・

 

O君、日本語なんて覚えてしまえば簡単だよ・・君の母語である中国語も話せるようになって欲しいけど、日本の学校で学ぶためにはまず、日本語を覚えようね・・

 

大人になって本物のバイリンガルになるためにも、障害児って言われなように頑張ろうね!

 

 

 

0 コメント

ぼくの誕生日・・・

「ねー誕生日って誰が決めるの?」・・A君(小学3年生・・中国帰国3世の父親と中国人の母親)の突然の質問

 

「赤ちゃんが生まれたよ~て聞いたことがあるでしょ、その生まれた日を誕生日って言うのよ・・どうして急にそんなこと聞くの?」→「じゃ・・僕の誕生日はいつなの?」・・私は一瞬戸惑った・・

 

そうか・・A君が2歳・兄のT君が5歳の時両親が離婚、中国人の母親は中国に帰国してしまった。
日本生まれで日本国籍を持つ兄弟だが、中国帰国2世の祖父母と3世の父親に育てられ言語環境も生活環境も日本とはいえない環境で育ってきた。

 

兄弟が日本語教室に来るようになったのは一年前・・・

母親代わりに気丈に育てていた中国人の祖母が病気で亡くなり、学校からの諸連絡が滞ったり生活環境の不備が問題になり、学校から相談を受けたことがきっかけだった。


日本国籍を持つ二人は日本語支援の対象児童には入らない。

家庭環境も言語環境も知られることなく、K君は言葉の支援クラスに通い、兄(小学5年)はやる気のない自暴自棄な子として受け止められていた。

 

兄弟の場合、言葉の学級へ通って改善できるものではない、基礎日本語そのものが欠落している。
そして・・生活環境そのものも日本社会から乖離されて育ってきた子供である・・それらを認識した上で支援しなければ適切な対応などできない(面倒?)

 

そのために日本語指導者がいる・・基礎日本語が欠落し学習言語が理解できない子供(バカだから理解できないのではない)の支援をするのが日本語指導者の仕事・・・日本語指導が必要な子と障害児の違いが判らない場合があるが・・ほとんどの子供は基礎日本語の指導を徹底することで、高校進学を果たす。

 

 

兄弟が日本語教室に来るようになり一年が過ぎた・・・

学校にも支援に入れるようになったが、取り出し指導は担任に拒まれている。
頭が悪いわけではないので、きちんと授業を聞いていたら理解できるはず・・取り出すことで授業に遅れるのは困る(先生が困る・?)

正直、取り出すことでカバーできることは多々あるが、子供の居場所をなくすわけにはいかない(学校に嫌われない配慮も日本語指導者の仕事)

 

学校へ入る一番のメリットは、授業内容と子供の学習状況が把握できること。日本語教室に来た時、重点的にその部分をカバーできるからである。

 

一年がたち・・ようやく・・兄弟は勉強することに前向きになってきた。
きちんと宿題もやるようになった・・持病の喘息で時々病院に行かなければならないが、日本語教室には必ず参加する・・

彼曰く「家まで迎えに行くのと、弁当が食べられるからじゃないのか~」(苦笑)

 

そんなA君からの突然の質問・・「誕生日って誰が決めるの?」
誕生日のお祝いをしたことがない?

誕生日は父親がレストラン(ガスト)へ連れて行くとのこと・・誕生日=美味しいものを食べる日?(そうか・・毎日が誕生日だったら嬉しいね~)

「ケーキにローソクを立てて消すんだよ・」とT君(小学3年生フィリピン)、A君は「僕そんなことしないよ~・・ローソクって何?」

 

聞いていて思った・・この際、誕生日を教室でやっちゃおう!!

11月6日はK君の誕生日

11月7日はT君の誕生日

2人とも、9歳になる。

 

昨日の日本語教室の後半は、二人の誕生会

ボランティアの高校生が修学旅行のお土産を持ってきてくれ、T君のお母さん(フィリピン)がお菓子と飲み物を差し入れてくれました。

 

教室の電気を消しケーキのろうそくに火をつけ、二人の誕生を祝ってみんなで「Happy Birthday to You」を歌いました。

K君は、生まれて初めての出来事?!に興奮気味(苦笑)

 

こうやってみんなと一緒に勉強できるのは、貴方達が元気で生まれてきたからだよ・・ここにいるお兄さんたちにも姉さんたちにも、みんな誕生日があるの

 

生まれてきてよかったね」と、お祝いするために誕生日があるの・・わかった?→「ウン」

 

異文化の親を持つ子供は・・いつも・何かを我慢している

親の苦労を目の当たりにしている子供は・・いつも・・しかたないと諦めている。

子供の支援とは・・何なのだろう

 どんな小さなことにでも、耳を傾けてくれる・・

そんな大人がたくさん居たら、死を選ぶ子供はもっと減る気がするが・・

 

とりあえず・・騒がしい誕生会は終了(苦笑)

 

大きな声で歌ってくれた高校生(修学旅行のお土産ありがとう)とボランティアの皆さん、協力してくれた受講生たち・・

どの人にも感謝です・・生まれてきてくれてありがとう!!

0 コメント

インターンシップ(高校生からの手紙)

定住外国人受け入れに関して、自治体関係機関や支援者のための講演会や養成講座を幾度も行ってきました(文化庁委託事業も含め)

 

しかし継続してわかったのは、どんな講演や日本語支援の学びも担当者が移動すれば元の木阿弥・・・・学びの引継ぎはなされない・・という現実でした。

地方の町では、外国人支援を弱者救済と捉えたら行政を巻き込むことはできません

外国人集住地域と違い、過疎化・少子化する地方の町は介護や一人暮らし、貧困・自殺など弱者救済事業がてんこ盛り・・行政には、これ以上弱者救済を受け入れるキャパはない(苦笑)・・現実があります

 

国際交流協会も大学もない地方の町で、住民に多文化共生を理解してもらうことは簡単ではありませんでした。

しかし、「国際理解も人間理解」という視点で、地域の文化資産であるリソースパースンとの関係構築を図りながら、多様な巻き込み活動の実践と蓄積を行ってきた結果、日本語教室は地域住民に必要な場所として認められるようになりました・

 

 

日本語教室で高校生のインターンシップを引き受けるようになり7~8年になります

当初、引率教師は、大学生でも留学生でもない人が学ぶ日本語教室なのだからそんなに難しいことを教えていない・・と思っていたようでした。

 

能代教室の目的の一つとして、「日本語能力試験N3以上合格」があります。日本社会の甘くない現実・・自立し子供を産み育てるためには、N3レベルの日本語能力が必用です。

 

引率教師は日本語教授法の実際を見て驚くと同時に、受講生たちの真摯に学ぶ姿に感動します(プロの教師だからこそ見抜いてくれます)

 

今年のインターンシップの高校生(S君)からお礼状が届きました。

能代教室の目指すところを見抜いていました・・読んで見て下さい

===================

抜粋・・

 先日のインターンシップでは、ご多忙中にもかかわらず貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

 今回のインターンシップでは、日本語の教え方や外国の方との接し方、また正しく優しい日本語について知ることができました。

 先生方は、私たちが普段会話使っている日本語というよりは、丁寧で優しく使い回しの効く日本語を教えていらっしゃいました。実用性も大切なのだと気づきました。

 人にものを教えたり、言葉が違う人とコミュニケーションをとることは、将来自分がどのような仕事についても大事な経験になると思います。そしてやはり、誰かのために役に立っているということに大きなやりがいを感じました。

このインターンシップで学んだことや感じたことをじぶんの進路につなげて行きたいと思います。

 インターンシップ期間は終わってしまいましたが、引き続きお邪魔させていただき、活動を続けたいと考えています。

 今後ともご指導のほど宜しくお願いいたします。

 

        N高校2年生  F・S より

=======================

 

彼は、今も日本語教室のお手伝いに来ています。

「言語の学びに、実用性も大切なのだと気づきました」と書いてくれました。

彼の言葉は、日本の英語教育にも言えることです。

 

留学生でも大学生でもない、生きるために言葉を学ぶ人たちだからこそ、言語教育の本質を伝えられるのだと思いました。

 

これだから・・・若者を育てるのはやめられないんですよね~

F君の生徒はKさん(フィリピンのお嫁さん)・・簡単な英語しか通じないので教授法が必要・・教授法の威力?!に驚いています。

0 コメント