4月9日(日)

 東京で開催された「全日本きもの装いコンテスト」の世界大会に、冬美さんが出場してきました。残念ながら、外国人の部で4位でしたが、とても上手に着物を着ることができた、と褒められたそうです。

 11月6日に能代市で開かれた東北大会で上位に入り、出場権を得ていました。それから、一生懸命練習を続けた結果です。


4月9日(日)

 能代市日本語学習ふれあい交流支援事業である、「日本語指導ボランティア養成講座」の開講式が中央公民館で開催されました。すでにボランティアとして手伝ってくれている方々も、もっと勉強しなければ、ということで7人参加し、その他に新しく2人の参加でした。

 それぞれ抱負を語ったあと、教室のDVDを見て、学習会の取り組みを理解しました。養成講座は月1回日曜日の午前中に開きます。(新聞記事掲載)


4月8日(土)

 男鹿市中央公民館主催の日本語教室の開講式が、男鹿市文化会館の練習室で開催されました。新しく代わった三浦館長に代わり、佐藤副館長さんのごあいさつがありました。所用で参加した受講生は少なかったのですが、それぞれ素晴らしいあいさつを述べ、北川代表と公民館職員は感動していました。詳細は、会報に記載します。


4月4日(火)

 能代市日本語学習ふれあい交流支援事業である日本語講座の開講式がありました。市役所の担当部署である市民活力推進課の高田課長からあいさついただきました。その後、一人一人が自己紹介をしましたが、みんな立派にあいさつしました。小学生は、これから勉強をがんばる、と宣言しました。ボランティアの皆さん、これからもよろしくお願いします。(新聞記事掲載)